ECBに注目

ども、クレソンです。

相場がまったくわかりません。今日はECBの政策金利発表があります。ドラギ総裁の発言に注目したいところです。


スポンサーリンク
 

 クロス円が乱高下しているのだが

ドル円はそこまで上がっていないのに対し、ポンド円はなぞの上昇です。ユーロ円は緩やかに上昇しています。

 

昨日はBOCの政策金利発表がありました。結果は利上げです。これを受けてカナダ円がおおよそ140pipsぐらい暴騰しました。もしリスクオフといって売っていたら大やけどでした。

 

 それぞれの通貨ペアがわけのわからない動きをしているので、まったく相関性が読めません。どう動くのかもまったくわからない状態です。

 

昨日置いた指値はすべてキャンセルしました。ニュージー円の買いも結果的には上昇していますが、乱高下によってストップが引っかかり損切りとなりました( ;∀;)

 

また、ポンド円の上昇によって戻り売りの指値注文が成立しました。ホールド中です。

 

ユーロ高は継続となるか

ポンドとユーロは上昇しているので、資本は欧州に集まっているといえるでしょう。

もしECBでユーロ高をけん制するような発言がなければ、おそらくもうひと段落ユーロ高があると思われます。

 

ポンドについては正直わかりません。そのため、ユーロ買いはもしかしたら結構うま味のあるポジションになるかと思います。

 

もちろんネガティブな内容となれば下落するでしょう。今までの買いも解消されて大きなトレンドを形成する可能性があります。

 

現段階でどっちに転じるのかがわからないので、手を出さずに様子見がよさそうです。

 

ユーロ高の調整が入るとしたら、もっと早い段階で入ってもよかったとも思うし、今がベストタイミングとも思えるし。。。

 

色々考えるのが面倒になってきたので、ひとまず休むも相場ということにします。

 

簡単でありますが、今回はこの辺で。 ノシ

 


スポンサーリンク