ドル円・ユーロ円・ポンド円の押し目買いを待つ

ども、クレソンです。

チャート分析を行いましたので、為替について記事を更新します。


スポンサーリンク
 

 

ドル円 4時間足チャート

f:id:kureson-fx:20170913173227p:plain

 まずはドル円です。スラストが発生しております。

スラストとは、8本以上のローソク足がDMA3にタッチせず上昇、もしくは下落している状態と定義しましょう。

 

チャートをご覧になってください。きれいに上昇しているのがわかりますね。

 

上昇トレンドであるため、押し目買いを狙います。戦略として、フィボナッチを引き、通常では38.2%あるいは50%ラインに指値の注文しますが、今回は23.6、50%に指しました。

 

画像ではわかりづらいかもしれませんが、23.6%のラインとEMA144がちょうど重なっています。テクニカルが2つ重なったほうがより強力な根拠になるので、まずそこで打診してみようと思いました。

 

ユーロ円、ポンド円 4時間足チャート

まったく同じ分析手法になりますが、ユーロ円とポンド円のチャートも載せておきます。

ポンド円チャート

f:id:kureson-fx:20170913174123p:plain

 

ユーロ円チャート

f:id:kureson-fx:20170913174220p:plain

 ユーロ円もポンド円も8本以上のローソク足がDMA3にタッチせず上昇しています。

 

一昨日から強い円買いのトレンドが発生しているのですが、今も継続中です。これからファンダメンタルズ的にマイナスなニュースが出てこなければ、まだまだ上がっていくと思います。

 

ポンドの動きには要注目

複数ある通貨ペアで特に注目しているのは、ポンド円です。

 

昨日発表したイギリスのCPIの水準は高く、ポンド高が進みました。

本日発表した英雇用統計において失業率は予想よりも好結果となりましたが、5-7月週平均賃金が予想を下回ったことから逆にポンドが売られました。

 

指標1つで上がったり下がったりします。明日は英中銀の政策金利発表がありますので、その結果次第ではまた相場が動くかもしれません。

 

全体的に円が買われているのは間違いなさそうですが、ポンドだけは少し注意が必要かもしれません。

 

まとめ

損失が続いたので、これからのトレードは慎重になります。敗因は成り行き注文が多すぎたと考えています。むやみに売買していると自分の気持ちが破たんするので、押し目を待ちます。

 

気持ちを落ち着かせて、のんびりトレードしていきますわ!たぶんこのやり方が一番勝てる気がしますのでw

 

それでは、今回はこの辺で。 ノシ


スポンサーリンク