過去チャートはどのように見るべきか

ども、クレソンです。

土日は相場がお休みですので、リアルトレードはできません。

自分の行ったトレードの復習、そして過去相場のチェックをしております。

 

しかし、どのように復習していくべきか非常に悩みますね。


スポンサーリンク
 

 

ひたすらチャートを眺める

現状ぼくがやっていることは、ひたすらチャートを眺めることです。

 

目的もなしに眺めたり、エントリーできそうなポイントを見つけて注意深く見たりしております。

 

完全に無意味かと思われますが、微妙に役立ったりします。現状と似たようなケースがありますので、これからどう推移していくのかをじっと考えられます。

 

過去チャートからパターンを学ぶというより、今の形とほぼ合致しているものを見つけてカンニングしてしまおう、というイメージです。

 

 

回路の有無が天地の違いを生む

さきに回路を頭の中で作成しておけば、ある程度の予測ができます。

どこで利食いできるか、どこで損切をすればいいか、いったん目安となるポイントがわかります。

 

過去から勉強するというより、今と同じパターンはないか、というカンニングするつもりで過去チャートを見つつ、トレードの復習を行いましょう!

 

 

まとめ

簡単にぼくの過去チャートの見方を紹介しました。最近勝てるようになったのは、おそらくチャートのカンニングのおかげだと思いますw

 

ぜひ参考にしていただけれ嬉しいです!

 

それでは、今回はこの辺で。 ノシ


スポンサーリンク