FOMCに注目

ども、クレソンです。

昨日の暴風がうそかのように今日は穏やかな天気となっておりますw


スポンサーリンク
 

 

木曜はFOMC 

先週はイングランド銀行の利上げ観測を受けて、ポンド高が進みました。

 

今週はFOMCが控えており、いまの経済の流れに沿った予測であれば利上げに関するタカ派の発言があるのではないか、と思っています。

 

ポンドに続き、ドルの上昇がこれから展開されるのではないか、と考えている次第です。

 

ポンド円、ドル円押し目を狙う

続いてはテクニカル分析での考察です。今週はおもにポンド円とドル円押し目を狙う戦略でいきたいと考えています。

 

f:id:kureson-fx:20170918170350p:plain

まずはポンド円の4時間足チャートです。フィボナッチの引き方がちょっとずらしてあります。

 

高値は売り観測されている151.80円に合わせました。そしたらきれいに38.2%のラインとサポートラインが合わさりましたので、ここで反発する可能性が大きいのではないでしょうか。

 

ひとまず148.46円に買いの指値を置きました。そこまで落ちてこない可能性もありますが、陰線となって横ばい始めたらそこでも打診買いしてみようかと検討しています。

 

 

f:id:kureson-fx:20170918171347p:plain

続てはドル円の4時間足チャートになります。

 

FXwaveのオーダー情報によると、111.00、111.20にOP18日NYカットがあります。ここのラインで売買が活発に行われると考えられるますので、110.90~111.00円に押し目買いをしてみようと企んでおります。

 

ドル円の買いはFOMCに利上げにつながるような発言を期待しているため、おそらく本当に利上げするとしたら、12月ごろになるではないでしょうか。

 

インフレ基調になってきている感がありますが、これから数か月の雇用統計の結果にも影響されると思われます。

 

まとめ

今週はドル円とポンド円の買いを狙う戦略でいきます。ポンドドルとポンドオージーも視野に入れております。

 

あとドル高になればドル円だけなく、ユーロドルの売りも検討しています。長らく続いたユーロドルの上昇トレンドが崩れると、ストップロスがたくさん引っかかって、大きく逆転しそうだからです。

 

それでは、今回はこの辺で。 ノシ


スポンサーリンク